<獨協大学外国語学部>ドイツ語学科専任教員公募
2020年6月5日
各関係大学長
各関係学部長 殿
各関係機関長
獨協大学外国語学部長
渡部 重美

専任教員の公募について(依頼)
時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。さて、このたび獨協大学外国語学部ドイツ語学科では、下記の要領にて、専任教員の公募を行うことになりました。つきましては、貴学・貴機関のお心当たりの方にご周知いただければ幸いに存じます。

【職位】 
教授、准教授または専任講師 (常勤、任期なし)

【募集人数】 
1名

【研究分野】 次のいずれかの分野
①ドイツ語教授法 ②ドイツ語学・ドイツ言語学 ③ドイツ語圏に関する人文科学研究
   
【担当科目】
ドイツ語科目(「総合ドイツ語」など)および講義・演習科目

【職務内容】
本学ドイツ語学科の専任教員は、ドイツ語圏の言語、文化、歴史、社会に関し、多角的な視点から研究・教育を行っています。
職務としては、各自の研究とならび、専門分野に関する講義・演習科目のほか、第1あるいは第2外国語としてのドイツ語科目も含め、週5コマ以上の授業を担当していただきます。ドイツ語科目のコーディネートや留学・インターンシップに関わる業務も職務内容に含まれます。また、提携しているドイツ語圏の大学(デュースブルク=エッセン大学、ハイデルベルク大学、ハレ=ヴィッテンベルク大学、ヒルデスハイム大学、ブレーメン専門単科大学、ベルリン自由大学、マールブルク大学、ミュンスター大学、レーゲンスブルク大学、リューネブルク大学、デュッセルドルフ大学、バーゼル大学)との国際共同研究・交換教授プログラムへの参加や、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営への協力も求められます。

【着任予定日】 
2021年4月1日

【応募資格】
・博士の学位を有する方、あるいはそれと同等の研究歴を有する方
・母語がドイツ語か、あるいは母語レベルのドイツ語力を有する方
・教員は外国籍を有する者であることを妨げない。ただし、日本語の能力があり、日本人教員と同等の責務を果たしうる者であることを要する。
・大学における教育歴があることが望ましい。

【待遇】
1. 給与 本学の給与規定による。
2. 通勤費 本学規定により実費支給(上限あり)
3. 定年 70歳
4. その他 社会保険(日本私立学校振興・共済事業団)、労災保険、雇用保険に加入

【応募手続】
<提出書類>
1. カバーレター(連絡先e-mailアドレスと電話番号、およびPDFファイルの目次を含めてください。)
2. 履歴書
*写真が必要です。
*教員免許や語学検定の資格をお持ちの場合は、明記してください。
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.htmlからダウンロードできます。
3. 研究業績書 
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.htmlからダウンロードできます。
4. 主要業績3点(PDFファイル。第2次審査通過者には現物の提出をお願いします。)
5. 主要業績の要旨(それぞれの業績について、800字程度の日本語で記すこと)
6. 「ドイツ語教育への抱負」を、2000字程度にまとめたもの(日本語で記すこと)
7. 学位記のコピーまたは証明書
8. 日本語能力を証明する書類

<提出期限>    
2020年9月26日(土) JREC-INサイトからWeb応募してください。

<応募方法>
JREC-IN Portal Web応募
すべての書類をひとつのPDFファイルにまとめて添付してください。
1枚目のカバーレターにPDFファイルの目次を含めてください。

【選考方法】
1. 第1次審査:書類選考
2. 第2次審査:日本語およびドイツ語による面接。双方向オンライン会議システムを用いて行います。   
  2020年11月7日(土)を予定。詳細については対象者にメールで通知します。
*審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。

【選考結果の通知】
選考手続が終わり次第、ご本人に通知します。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の目的には使用しません。

【問い合わせ先】
外国語学部ドイツ語学科長 木村佐千子 (ドイツ語学科教授)
e-mail: skimura(a)dokkyo.ac.jp  (a)部分はアットマークに変更してください。

【備考】
本学ホームページの「教職員採用情報」もご覧ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html 
以上